日本酒まめちしき えんま帳

最後の火曜日一人営業

2015年9月29日 火曜日
本日も一人営業しております!(多分最後!)
来週はさすがに新店舗にて準備してないと・・・

ミレーを食べてみてー(みれー)

2014年1月8日 水曜日

昨日お客様より、ハンズでミレービスケット販売との情報を入手し、本日早速購入高知では、かなり有名なお菓子で、塩味が少し効いて美味
朝、昼、午後、真夜中と味も四種類あって、初めて見ました!
結構お酒にも合います
お酒なにあわせましょうかねぇ

日本酒えんま帳8

2012年6月2日 土曜日

★日本酒の分類★

純米と本醸造について説明します。

⑤純米

原料:米、米こうじ

精米歩合:とくになし

⑥本醸造

原料:米、米こうじ、醸造アルコール

精米歩合:70%以下

 

純米は精米歩合に規定がありません。

米、米こうじのみを使用しているのであれば

精米80%でも90%でも純米と表示できます。

私が日本酒を勉強し始めたころは

精米70%以下でないと純米とは表示できませんでしたが

2005年に規定が変わりました。

本醸造の醸造アルコールについては

改めて説明します。

日本酒えんま帳7

2012年5月12日 土曜日

★日本酒の分類★

続いては

吟醸と純米吟醸の違いです。

①吟醸

原料:米、米こうじ、醸造アルコール

精米歩合:60%以下

④純米吟醸

原料:米、米こうじ

精米歩合:60%以下

大吟醸と同じ内容で、精米歩合違いです。

精米歩合60%なのでまだまだクリアーですが

大吟醸に比べ、米の味がしっかりしてきます。

 

日本酒えんま帳6

2012年3月31日 土曜日

★日本酒の分類★

違いのポイントは

原料と精米歩合によります。

精米歩合とは米の磨き具合です。

お米を磨けば磨くほど味がクリアになり

口当たりがよくなります。

①大吟醸

原料:米、米こうじ、醸造アルコール

精米歩合:50%以下

②純米大吟醸

原料:米、米こうじ

精米歩合:50%以下

大吟醸、純米大吟醸ともに精米歩合は50%以下です。

かなり磨きます。50%だけ残して、残り50%はおせんべいの原料や

お化粧品などになります。

2つの違いは

醸造アルコールが入っているか否か。です。

醸造アルコールについてはまた書きます。

えんま帳5

2012年3月17日 土曜日

★日本酒の種類★

お酒には同じ銘柄でも色々な種類があります。

『亀泉』というお酒(才谷でよく登場してます)でも

亀泉の大吟醸や純米。という風にいろんな種類があるんです。

どんな種類があるかといえば (続きを読む…)

えんま帳4

2012年2月21日 火曜日

★3分でできる肴★

用意するもの

 ・カマンベールチーズ

 ・ごま油としょうゆ

 ・ねぎ

①カマンベールチーズをレンジで1分くらいチン

②ごま油としょうゆ、刻んだねぎをかける

以上。

ちょっと溶けたチーズとねぎ油。

ばんざーい!!!

めっちゃお酒に合う~!

まっさんありがとう。

★こんなお燗のつけ方もあります★

ちょこ燗

①お気に入りのちょこに8分目くらいの酒を注ぐ

②小鉢など、ちょこより3回り以上大きい深めの食器に

  ちょこ6~7分目の熱湯を注ぐ(やけどに注意)

③②に①を入れ、飲み頃を待つ

(詳しいつけ方はまっさんまで。)

ゆっくり温度を上げながらゆっくり飲む。

贅沢な時間ですな~。ケロ。

次回はどんな内容にしようかな。

 

 

 

 

 

えんま帳3

2012年2月13日 月曜日

★燗をつける★

寒い日は燗酒が美味しいです。

”美味しい燗酒”は案外簡単につけれます。

①鍋に適量の水を張り火をかけます。

  水が沸騰したら火を止めます。

②火を止めた鍋に酒を入れた徳利を浸し、

  2~3分でおいしい燗酒(上燗~熱燗)の出来上がり!!

*目安として、常温1合(180ml)の徳利で3分つけると熱燗になります。

 お酒をつけてから肴を考えるわたし。

 3分で出来る肴・・・

 まっさん何かある~?

えんま帳2

2012年1月20日 金曜日

★日本酒を飲む温度★

日本酒はいろんな温度で楽しめるお酒です。

そしてその温度に素敵な名前がついてるんです!!

・0℃  みぞれ酒(みぞれざけ)
・5℃  雪冷え(ゆきひえ)
・10℃ 花冷え(はなひえ)
・15℃ 涼冷え(すずひえ)

お燗の温度にも名前があります。

・30℃ 日向燗(ひなたかん)
・35℃ 人肌燗(ひとはだかん)
・40℃ ぬる燗(ぬるかん)
・45℃ 上燗(じょうかん)
・50℃ 熱燗(あつかん)
・55℃ 飛びきり燗(とびきりかん)

名前を聞くだけでなんとなくその温度が想像できます。

日向燗。とかちょっとぽかぽか陽気な感じですよね。

自分好みの温度帯を見つけて

楽しむのもいいですよね。

 

お燗つけて飲みたいな~♪

 

えんま帳

2012年1月17日 火曜日
 

★日本酒を飲む温度★

江戸時代も好んで飲まれていた日本酒。
当時は冷蔵庫もないし、
ひや=常温か
燗で飲むのが主流。
今はひやして冷酒も楽しめる時代。
日本酒は温度を多用に変えて飲めるので楽しみが広がりますよね。

やっぱり今はあったかい燗?
暖かい部屋で冷酒もいいなぁ。
温かいお鍋にひやでゆっくりと飲むのもすてがたい~。